ひろゆき「タメ口を使ってくる人にも2種類いるけど、このタイプは頭良い」

出典:https://www.youtube.com/watch?v=wbZKCM3FLvY


<要約>
・行動パターンの把握
 自分の経験や直感などから人の大体の考え方や行動のパターンが自身の中でモデル化されていると、人を見た時、その人がどういう考え方や行動をするのかが結構 分かるようになる。 

・経験に基づく直感
 色々な人を見てきた大人の場合、人を見た時の直感のようなものは結構 当たる。
 しかし、人と出会ってきた経験の少ない子供の場合、直感のようなものを信じると悪い大人に騙されることがある。
 要するに、直感が正しいかどうかは本人の経験などによって決まる。
 だから、人を判断する際、直感を信じるのが正しいとは一概に言えない。

・タメ口には2種類ある
 タメ口には「戦略的タメ口」と「能力的タメ口」の2種類がある。
 そして、タメ口を使ってくる相手がその2種類の内 どちらの場合であるのかを判断することが出来るセンスは必要。

・戦略的タメ口
 戦略的タメ口を使う人の場合、頭が良いので敬語を話そうと思えば話すことは出来るが、計算した上であえてタメ口を使っている。

・能力的タメ口
 能力的タメ口を使う人の場合、言語能力の問題から敬語を使いこなすことが出来ない為、敬語を使わなくてはいけない場面でもタメ口を使ってしまうことがある。



<この配信への反応>

タメ語より敬語の方が好き


敬語とタメ口を上手に混ぜて使う陽キャラの鑑いますよね。


自分は敬語にタメ口たまに混ぜる派。
敬語とタメ口の使い分けが上手い人すごい羨ましい。


どちらのタメ口にせよ、いきなり来る人とは距離を置きたくなる。


ほんま敬語って不思議な文化や


おすすめ記事

-コミュニケーション

© 2022 うそを見抜くちゃんねる