ひろゆき「ナポレオンが強かったのには、こういう理由がある」←頭良すぎ 

出典:https://www.youtube.com/watch?v=kFMpwgCmFJw


<要約>
【質問】
 ナポレオンは何故 強かったのか。

【回答】
・計算が出来る人だった
 大砲が利用され始める前まで、兵隊は根性で敵を攻めるのが当たり前だった。
 しかし、いくら根性があっても大砲の命中精度は上がらない。
 一方、ナポレオンは自身が砲兵であった経験から敵を攻める上での計算をしっかりと行うことが出来た。

・兵隊の足を速くした

 ナポレオンは兵隊の足が速くなることで戦闘力が上がると考えた。
 だから、兵隊を休ませず、ひたすら歩かせた。
 そして、付いてくることが出来ない兵隊は切り捨てていった。
 結果、凄く足の速い兵隊だけが残った。

・体を張る戦い方をした
 昔は銃を撃てる玉の数には限りがあった為、人数を増やして強引に攻めるというような戦法を取った。

・勲章システム
 ナポレオンは、体を張って戦った結果 生き残った兵隊を物凄く褒めて出世させた。
 また、兵隊を報いる際は、お金のかからない勲章を与えることによって鼓舞させた。
 つまり、ナポレオンの軍はコストをかけずに強くなることが出来た。

・ロシアでは負けてしまった
 ナポレオンでも寒さには勝てなかった。



<この配信への反応>

結局根性論で草


命がただの駒だった時代に生まれなくてよかった。
今も労働力がただの駒でしかないけど死にはしないしマシだな。


最良の兵は良く戦う兵よりも
むしろ歩く兵である
byナポレオン・ボナパルト


のちの大戦でも負傷すると勲章が与えられるのもそういうことだったのか


織田信長「部下相手にえげつない真似してんなあこいつ…」


おすすめ記事

-社会, 歴史

© 2022 うそを見抜くちゃんねる