ひろゆき「親友とはこういう人です。あと友達多い自慢は意味ないです。」

出典:https://www.youtube.com/watch?v=dXTgEdjCSBI


<要約>
【質問】
高校一年生で部活の後輩に優しく接していたら馬鹿にされるようになった。
変にコミュニティを広げるより信頼できる親友とだけと生きる方が幸せか。

【回答】
・知り合いが多い方が便利なことが多い
ただ、友達が多くても本当に必要な時に助けてくれる人がいるかどうかは別である。

・友達と親友の違い
1:親友とは自分と関わることによるリスクも受け入れてくれる人。
自分が犯罪をしてしまった時も家に1日泊めてくれるなど。
2:友達や知り合いは本当に困ったときに頼れない人。

・友達多い自慢は意味ない
友達は金さえあればいくらでもできる。



<この配信への反応>

例え親友でも連帯保証人にはなるな。


ナメてくる、侮辱してくる、罵倒してくるなど不愉快な事してくる人は敵なので距離を取った方がいい 信用してはいけないし相手も信用してないからそういう事をしてくる


ずっと黙ってても空気が悪くならないなら親友だと思ってる


会社辞めて鬱っぽくなってた時に、家にいてネガティブになるならポルトガルこいよ!って言ってくれて3ヶ月間、ポルトガル人の家でニートしてたけど、毎日美女の3姉妹と話して元気になったから、親友だと思ってる。


自分がメリットを感じないのに、いつでも連絡を取り合える人が友達の基準。 会話をしなくても気まずくならない人も。


知り合いや友人を増やすのは確かに融通が利く割合は増えるが 一方面倒くさい割合も増える


日本人て本当の親友出来にくそう


おすすめ記事

-友人, 人間関係

© 2022 うそを見抜くちゃんねる